多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協

個人情報について

生活協同組合・東京高齢協における個人情報の取り扱いについて

 当組合では、個人情報の重要性を認識し、その保護の徹底を図るため、当組合における個人情報の取り扱いを以下の規定のとおりといたします。

<個人情報の定義>

①    東京高齢協における個人情報とは、存在する組合員、利用者、従事者の氏名、生年月日、性別、住所、電話、FAX番号、家族状況その他の記述等により特定の個人を識別できるものを指します。

②    組合員の個人情報とは、加入申込書、各種行事参加者名簿、脱退申込書、組合員名簿などが対象です。

③    利用者の個人情報とは、介護サービスにおけるケアプラン、提供にかかわる計画、提供したサービス内容等の記録、施設利用における申し込み証、講座参加者名簿、アンケートなどが対象です。

④    従事者の個人情報とは、従事者名簿、就労契約書、月間勤務表などが対象です。

<法令等の遵守>

個人情報の取り扱いに関して、個人情報保護法をはじめとする個人情報に関する法令を遵守し行動します。また、役職員への教育・啓発を継続的に実施します。

<収集・利用>

 当組合は、特定した利用目的の達成に必要な範囲で、適法かつ公正な方法により個人情報を取得します。当組合が収集した個人情報は、当組合の活動や事業に関する連絡・情報提供等の範囲に限った利用を行います。

 ただし、以下のいずれかに該当する場合はこの限りではありません。

①    法令又は規程による場合

②    ご本人の同意がある場合

③    組合員・利用者・従事者または公衆の生命、健康、財産など重大な利益及び公共の利益を保護するために必要な場合

<管理>

 当組合が収集した個人情報は適切・厳重な管理を行うと共に、外部への漏洩防止に努めます。また外部からの不正なアクセスまたは紛失、破壊、改ざん等の危険に対して、適切かつ合理的な安全対策を講じるものとします。

 個人情報の管理者は、事務局は専務理事、事業所は管理者、受託施設は館長とします。

<業務預託先への預託>

 当組合は、事業・活動の運営業務、発送・連絡業務およびホームページへの掲載などに関して、個人情報の一部を当該業務委託先へ預託することがあります。この場合、秘密保持契約の締結等により、預託先による個人情報の適切な利用がなされるよう管理致します。

<確認のためのご連絡>

 収集した個人情報の内容を確認するため、FAX、E-mail、電話によるお問合せを行う場合があります。

<情報の開示・改訂・利用停止等について>

当組合が収集した個人情報の開示、修正、削除については以下の取り扱いといたします。本人または代理人から、当該本人が識別される保有個人データーの開示・訂正・削除を求められた時は、遅滞なく、書面の交付または本人が同意した方法により、当該保有個人データーを開示します。又求めに応じない旨の決定をした場合は、本人に遅滞なく、その旨を通知しその理由を説明する。ただし法令の定めがある場合は除きます。

<異議の申出>

①    請求者は、この規程による開示の決定等について不服があるときは、当組合に対して書面により異議の申出(以下「異議申出」という。)ができます。

②    前項の異議申出は、開示の決定等があったことを知った日の翌日から起算して60日以内に行います。

③    異議申出があった場合は、当組合は、当該異議申出の対象となった開示の決定等について再度の検討を行ったうえで、当該異議申出についての回答を書面により通知するものとします。

PAGETOP
Copyright © 生活協同組合・東京高齢協 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.