多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協

世田谷の地域活動

世田谷区は東京都のなかで一番面積が広く横の交通機関が有るが縦の交通機関が無く組合員の構成が京王線烏山駅を中心にしたエリアに多く在住する。現在組合員の加入状況は胸を張って報告出来る状況では無いがこの状況は長年この地域の組合員活動による組合員獲得の努力が有った事は否定出来ない。

こま犬の会

会場の傍の神社に狛犬がいた。月1回のマージャンの会である。7名で始めて3年目に入り、14名になった。お正月はお酒を少しいれて20名以上あつまった。会費は200円でお茶菓子を出す。 マージャンやのかわりに使わない様心がけている。健食の会では、500円を超えたら、もって帰られるようにしている。年配者なので、土壇場キャンセルが多くなるので。

こま犬の会に飛び入り参加

千歳烏山の駅から5分ばかり住宅街の道を歩くと烏山神社があります。その日は既に夏の日差し。暑かったのですが、境内は椎の木でしょうか、こんもりと茂っています。都会のちょっとしたオアシスです。
健康マージャンは、神社前の南烏山ふれあいの家で開かれます。その名も「こま犬の会」、そういえばマージャンに打ち込むときのみなさん眼をギロリとさせて烏山神社の狛犬のようです。
会場は平屋でバリアフリー。木がふんだんに使われていて大きな洋室、やや小さな和室。ひろびろとしたトイレとキッチンも完備しています。
いきなりマージャンが始まるわけでなく、先ずは体操。ビデオは何故かいつも調子が悪く、会長の金田文子さんが前に出て音頭を取ります。不思議なものですね、NHKのラジオ体操は日本国民が自然に覚えていて、しばらくぶりなのに身体が勝手に動きます。
さて、集まった雀士は14名、男性が2卓、女性が1卓囲みます。初心者の多い女性の卓には、かつて腕自慢の専任の男性コーチが付きます。ガラガラ、ベチャベチャ、まあ、賑やかなこと。確かに健康によいのは疑いがありません。
途中での一服。これがまた楽しみです。お菓子の袋が配られ茶を飲みながら話に花が咲きます。この日はおむすびと会長手作りの糠漬も振舞われました。
肝心のわたしのマージャンの成績ですが、半チャンを3回やって、ぴったりプラマイゼロ。自分が名人と感じた瞬間です。こうして手も口も忙しい楽しい日曜の午後を過ごす事ができました。

9年間で88回 アットホームな料理教室

食事会 私たちの健食の会は、この四月で満九歳を迎えました!!
毎月第三土曜日の朝になると京王線千歳烏山駅のすぐ隣の烏山区民センターの料理講習室に老若?男女の皆さんが笑顔で続々と集まって来ます。十時になると藤田講師、金田アシスタントの「お早うございます」の明るい挨拶で元気に料理作りが開始されます。
この料理教室は、高齢協世田谷ニュース平成十三年四月号のお知らせで見ると「世田谷地区会員の石井さんが中心となった地元の方を交えた少人数の講習会です。講習会後、自分で作った料理を食べながら歓談致します。男女を問いませんが、料理を作ったことのない男性を大歓迎です。お時間のある方はどうぞお越し下さい」と会員皆さんに呼び掛けて発足しました。
当初の目的は、低調な地域会員活動の活発化、新しい会員の獲得。石井講師の持論の産地と消費者が結ばれた健全な材料を使用した、健康に良い日本食の普及と先祖伝来の食文化の継承。合わせて料理作りの出来ない男性諸兄に簡単な料理作りを覚えていただこうと言うものでした。会の名前も少し昔風ですが、「健食の会」に決まりました。
いよいよ第一回の講習会がスタート、男性三名、女性九名が参加しました。この時のレシピは①炒り大豆炊き込みご飯②揚げ鶏肉の葱ソースかけ③豆腐サラダ等でした。腕前は兎に角、男性諸兄のエプロン姿もなかなか堂に入ったものでした。初試食の感想は「ああ、美味しかった」の言葉につきました。食べながら家族のことから政治、社会問題などお喋りし楽しい時間を過ごしました。このスタイルで四季折々に合わせた料理を作り、たまには少量のアルコールも交え、この九年間に八十八回教室が開催されています。この会の特徴は①少人数で家族的雰囲気②男性参加者が比較的多い③食べるだけの参加者も歓迎④会費は当日の材料費の実費割(平均七百円程度)等です。
色々と曲折はありましたが、これ程長く会を続けてこれましたのは参加皆さんの熱意、アシスタント金田ご夫妻の会員への連絡、材料調達など全般に亘るご尽力と高齢協のバックアップのお陰と感謝いたしております。 世田谷地域の会員の皆さん、『健食の会』の料理の試食とお喋りをしにぜひ一度お出かけ下さい。

世田谷『松沢サロン』(田中)(松沢教会にて)

映画上映6年で127回、田中、進藤、松沢生協が世話人になって実施している。会員20人増えて60人、八〇代が多い。いつもは100円会費で、誕生会など500円会費になる。電気代・ガス代も奉仕の精神で無償、第2、第4木曜平成10年から実施、ボランティア含めて25人から28人。
区のふれんどバスを昼間使わせてもらっている。10:00~14:00、運転手助手つきで補助が3,000円あって、100円会費のおやつ代で賄う。

PAGETOP
Copyright © 生活協同組合・東京高齢協 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.