toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2021-03-16

にっこり

A子さんと関わり始めて15年、今年10月で100歳を迎えます。もう色々あり過ぎて・・・
 初めての訪問は、怪訝そうな顔で「どちら様?」「娘さんに頼まれて・・」 にっこり 笑顔で・・・
一緒に買い物に行きながら「私は平泳ぎが得意なのよ。リレーの選手だったのよ」いっぱいお話してくれました。それから年月が経過し、何度かの入院など体調不良も続き、ベッドでの生活が長くなりました。今では食事の量も減りました。大好きなスイーツには自らお顔を近づけて「美味しいですか?」にまた にっこり・・・ 
そして15年前の笑顔と昨夜の「また明日来ます」への にっこり は全く変わりません。
私たちはA子さんのとびっきりの笑顔が大好きです。

Y.U

関連記事