toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2018-08-07

寺社巡り

 20年来の友人とたまに神社仏閣を巡っていましたが、5,6年前から参拝の証に御朱印を頂くようになりました。文字や活字が好きなわたしが御朱印に魅了されることに時間はかかりませんでした。

 御朱印は御朱印帳に書きます。1冊目は訪れた寺社でそれぞれオリジナルのものを手に入れました。2冊目以降からはハンズや大手文具店をまわったり、インターネットで寺社のオリジナルを探してから参拝の際に購入しています。わたしは神社、寺院と別々に御朱印帳を持つようにしています。

 寺社についたらまずは参拝。参拝後、授与所(又は社務所)に行き御朱印帳を預けます。観光などで人気の寺社はテーマパーク並みに混雑するときもあるので失礼なことは承知で参拝前に預けてしまいます。(参拝の時に神仏にお詫びしますが…)すぐに目の前で書いていただける時もありますが番号札をもらって呼び出しを待つことのほうが多いです。待っている時間を利用して寺社の案内に目を通したり、散策したりしてゆっくりとした時間を過ごすことが楽しいです。

 御朱印代は300円が多く、次に500円でしょうか?『お気持ちで』というところもあります。わたしはなるべくお釣りがないよう小銭を用意するように心がけていますが、電子マネーOKのところもあり驚きました。御朱印を集める人のなかには、縁結びの神様だけを集めるとか文字だけでなく絵を描いてくれるものなどテーマを決めたり、とにかく一枚でも多く集めたいスタンプラリーのような楽しみ方もあるようです。わたしは、ランチや出先周辺で寺社を探したり、非日常を楽しみたいときは時間や予定をあまり立てずにふら~っと出かけることもあります。(最終的にはスマホ片手にグーグルの世話になっていますから非日常とはほど遠いかな?)

鎌倉(特に北鎌倉)が好きで何度も足を運んでいます。気候の良いときは北鎌倉→源氏山→鎌倉、気分をリセットしたいときは長谷寺(写経)→北鎌倉のコースが一番好きです。

私のお気に入り(地域交流館 ST)

関連記事