toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2018-08-21

若さは財産

 私が夢中になっていること、それはこれからの人生をどう生きるか考えることです。
 利用者との会話の中で、「若さは財産だよ。若いうちは何でも出来るから。」という言葉を掛けられたことがありました。「若さは財産」その言葉が強く心に響き、今までの人生を振り返るきっかけになりました。
 私は、30代前半です。今まで、叶えた夢や目標よりも、叶えられなかったことが多かったと思います。満足していることよりも、悔やむことが多かったと思います。自信を持てることよりも、諦めたことが多かったと思います。自分に向き合えず、後悔が積み重なっていました。
 これからの人生を、どう生きるか。
私には、小学生の頃から抱いていた夢があります。進路を決める際、療養中だった祖父へ恩返しがしたく、夢を諦め介護の道を選びました。でも、「若さは財産」いつまでも挑戦すること。諦めた夢を叶えられるよう、資格取得に向けて励んでいきたいです。
 私には、満足したいことがあります。学生の頃、両親にきつく当たってしまったこと、酷い言葉を言ってしまったことを悔やんでいます。でも、「若さは財産」いつまでも人の役に立つこと。両親も私も満足できる親孝行をしていきたいです。
 私には、自信を持ちたいことがあります。三年前東京に移り住み、食べ歩きが趣味になりました。日毎に体重が増え、自宅で出来るダイエットを試みましたが、すぐには痩せず諦めていました。でも、「若さは財産」いつまでも自分磨きをすること。ウルトラスキニージーンズを履き、自信を持って颯爽と歩けるよう頑張りたいです。
 30代は、お肌の曲がり角、体の曲がり角、
気を付けることが増えていきます。最近は、数年前の記憶が曖昧になり、涙もろくなり、睡眠時間が短くなりました。若さを保つためには、何が必要か。どんな方法があるのか。これからは、ゆっくりと自分の「やりたいこと」を思い巡らせ、後悔しない人生を生きていこうと思います。
「若さは財産」私の大切な言葉です。 

私のお気に入り(敬老館 HT)

関連記事