潮来での暮らし

いつもお世話になり御苦労様です。
hatake高齢協が誕生して以来、最初から現在まで引きつづき会員として協力しています。私も80歳になり、趣味は菜園作りと他、洋服の修理等して、のんびりと別荘地、潮来にて作業をしています。現在、月に三回空き家に住まい、手入に滞在に宿泊して、植菜等しています。潮来は良い環境で、別宅より左右3K~4K離れた所に、海、山、湖、霞ヶ浦。温泉有り。
一度希望の方はご案内致します。又、一緒に菜園作りに協力して頂ける人があればお知らせ下さい。
協会の方に空き家を利用して頂ければ幸いですが?

北川 乃寛(80)練馬

高齢者に出来ること

nihonchizu今日、9月18日は参議院で安倍内閣提案の所謂新安保法制の可決が迫っています。
私共高齢者は多少とも戦争というものが一人一人の生命と、人間らしい生活を、結局は破壊するものだという実体験を持っている(まだ覚えている)のではないかと思います。
従って、動きの鈍く頭も鈍くなっている老人の1人である私も含めて、高齢者ができることは、その実体験を、世界の平和(日本の平和のみならず)をつくり、守るための提案に、どんな発表形式でもよいからしてみることではないかと思います。
今の野党の安保法制批判に足りない点として、武力や軍事同盟ではなく、近隣諸国への外交努力で平和をよび寄せる提案がないことではないでしょうか。
例えば韓国も非核三原則を宣言してもらい、それを米、中国が承認すれば、北朝鮮を非核国家に変えさせることが出来ないでしょうか。そんな他国との高齢者交流をしたいものです。

古幸田 謙(85)日野

山里の暮らし

拝啓
benkyoukai_kunrenkouこの10月で90歳になるので、人生の最終コーナーを自然の恵みに囲まれた山里でゆっくり暮らしたいと思って、栃木県の那須に引越しました。
便利さ、スピード、効率に追われて、いつの間にか人に対する思いやり、やさしさを失いがちな東京暮らしに別れを告げることにしたわけです。
3Fの活用について、以前提案したと思いますが、月一回ぐらいのペースで直面している高齢者をめぐるテーマについて、深く掘り下げる学習会(例:下流老人、老後破産など)などいかがでしょうか。
これからも折にふれてお便りします。

杉浦 操六(90)那須