いよよ華やぐ倶楽部 15周年

iyoyo

昨年の10月18日、大塚のホテルベルクラシックで「いよよ華やぐ倶楽部」の15周年記念パーティーが大塚のホテルベルクラシック東京で開かれました。
富田代表は挨拶の中で、いつかアメリカで公演したいという夢を語り、労協連の永戸理事長は東北の被災地でのファッションショーの取組を訴えました。
一人ひとりの個性を引き立てる生きがい活動が15年の年月で、色々な華を咲かせました。一輪の薔薇を持った「春の集い」の男性モデル陣の輝いた顔。「いよよ」は既に女性たちだけのものではありません。全国からパーティーに参会した各県の来賓。「いよよ」の波は大きな輪となって広がっています。田中理事長も、「いよよ華やぐ倶楽部」の活動が東京に留まらず全国に広がっていることを特に強調しました。
立食のテーブルでは話が尽きません。集まった40人以上のメンバーは今は活動を辞められた方もいて、会場はさながら同窓会のような雰囲気でした。ステージではメンバーが順番に紹介されました。最高齢の黒澤さんは90歳。背筋をピンとして、とてもお元気です。 あっという間の2時間、最後に集合写真。ほんとうに華やかです。
今年も輝いて、全国に世界に羽ばたけ「いよよ華やぐ倶楽部」。