サツマイモ中華炒め家庭での中華風炒め、野菜はだいたい葉物に限られる。

今回は、根菜に挑戦。サツマイモを素材に加えた。この料理には電子レンジが必須だ。それぞれの野菜にレンジでだいたい火を通し、鍋の中で油と炎を与える。
先ず、写真のようにサツマイモ、玉葱、ピーマンをざっくりと切る。最初は、サツマイモをチンしてほとんど火を通す。別に玉葱も少ししんなりするくらいまでチン、遅れてピーマンも投入。ポイントはここだが、野菜によるレンジの加熱時間の違いは経験しないとわからない。他に鶏皮とエリンギを使う。
熱した胡麻油に刻んだ生姜と鶏皮を入れ、鶏の油が十分出るまで火を通す。下ごしらえした材料とエリンギを全部加え、強火で炒める。
味付けは醤油、ナンプラー、塩。胡椒してできあがり。長いも、里いも、カボチャ、ブロッコリーなどの野菜でも試して欲しい。
(千夢)