toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2013-11-15

名月

 中秋の名月は必ずしも満月とは限らず、ここ3年連続で満月だが、来年以降はしばらく「少しだけ欠けた名月」の年が続くとのことで、次に満月と重なるのは8年後。東京オリンピック開催予定の年の、さらに1年後。
 そんなことを聞いた日にはさっそくベランダでひとりお月見だ。確かに美しい。
 少し感傷的になり幼い頃の自分と母の会話を思い出した。お風呂屋さんの帰り道「 おかあちゃん、お月様が私のあとを追いかけてくるよ」「ほんとだね。お月様は淋しがりやだから一緒に家まで帰ろうね」母は片手に風呂桶、もう片方で私の冷たい髪をギュっと抱きしめてくれた。今日もきれいなお月様のとなりに母がいるような気がした。

日々随想 No.145

関連記事