toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2015-05-15

ムーンダスト

 母の日は、カーネーションの日。国内の生産量の4割が出荷される。赤、ピンク、白など色の種類も多くなってきた。
 その中で話題なのが「ムーンダスト」。青いカーネーションだ。もともとカーネーションには青系色素は存在しない。ペチュニアやビオラから取り出した色素の遺伝子を組み換えてできた花だが、遺伝子拡散防止措置を行い、切り花としてしか出荷できないという。自然界に存在しない物を楽しむには、しっかりした規制も必要。
 ちなみに「ムーンダスト」の花言葉は「永遠の幸福」。

日々随想 No.154

関連記事