toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2015-09-15

虫の声

 猛暑の後は、河川が決壊するほどの雨が続き、気が付いたらすでに秋風が吹いている。
 夜は秋の虫の鳴き声が都心でも聞こえてくる。虫の声を聞くと、日中騒がしく動いていた頭の中がす~っと静まるのはどうしてだろう。研究家によると秋の虫の鳴き声は、癒しの効果がありPTSDの治療にも利用されているという。
 だからだろうか、秋の夜長は、静まった心で遠くの人を想ったり、もう一度人を信じようと思ったりする。戦ったり罵ったりする気持ちが消えていく。
 国会周辺に一年中スズムシの声を流すのは、結構良い案では。ただし、この癒しの効果がみられるのは、脳波の研究から日本人とポリネシア人だけだという。

(日々随想 No.156(く)

関連記事