toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2019-11-20

仕付け糸

木枯らし一号が吹いてくると、コートの季節が始まる。この頃よく見かけるのが、コートやスーツのセンターベントの仕付け糸を切らない人たち。そんな人たちが多いので、もしかして流行りなのだろうかと思い、ネットで調べたら同じ思いの人がいた。近くに常識ある人がいないのだろうとのこと。
年をとるとおせっかいになるが、歩いている人に「あなた 仕付け糸がついてますよ」とは言えないし、「あなた 靴の紐がほどけていますよ」とも言えない。
「人の振り見て我が振り直せ」のことわざ通り、自分自身の仕付け糸はちゃんと切ろう。

日々随想 175(く)

関連記事