toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2020-01-15

新年に思う

 元旦はお屠蘇にお雑煮、そして年賀状。届いた年賀状を読んでいると、ふと気が付いたことがある。「本年も」と「今年も」の違い。長年の友達は「今年もよろしく」と書いている。仕事関係の人からは、「本年もよろしく」だった。どちらも「この一年」という意味だが、「本年」は目上や上司などに、「今年」は友達などにというのが世の中の常識らしい。「昨年」と「去年」も同様に使い分けられている。上司に「去年」と書いたらいけないとのこと。
 「仕事をやめたから年賀状は止めた」という年配の人達の声を聞くが、それなら「本年」を「今年」に変える仲間を増やしていったらいいのにと新年に思う。

日々随想 No. 176(く)

関連記事