toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2021-03-29

突然昼食を

統合失調症という精神疾患の60代女性との外出同行でのことです。
ご家族と通院、ヘルパーとスーパー以外の外出はせず、自宅ソファに1人で1日中座って過ごしています。私自身の力不足もあり、ご家族の理解が得られずスーパー以外の外出の許可をいただけず5年が過ぎました。ケアに対してやりがいを感じることも薄れ、ただただ安全に時間を過ごしていましたが、突然昼食を食べに行くことになりました。
さあ、どこで食べましょう。「サイゼリヤで長男はステーキ、私はグラタンを食べた」と思い出話が溢れてきました。いざサイゼリヤへ!唇や手足の震えも止まり、非常に落ち着いて料理を待ち、おかわりもしました。ご自身の誕生日にまた行かれるよう、車イスから降りて、歩く練習をする意欲がほんの少し沸いてきたようです。いずれは「歩いて」三越へ行き、ブランドの洋服を見て和食を食べたいそうなので、じっくりゆっくり歩行練習に寄り添っていきたいと思っています。

I.T

関連記事