toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2021-04-29

フロイデ合唱団

東京フロデイ合唱団は創立以来23年経ちますが、新型コロナ禍の影響を受けて今年初めて演奏会を中止することになりました。すでに12月13日(日)目途に東京芸術劇場と日本フィルとの契約を済ませて、演奏会に臨む予定で2月より練習を始めていました。しかし新型コロナ禍の蔓延につれ、3月より8月までの6ヶ月間中止せざるを得なくなり、現在に至っています。
その間、260名団員からの見通しや問い合わせなどに追われ、以来19名の運営委員は密を避け、毎月オンライン会議で検討を続け、その都度全員に会報を送り対応してきました。感染者数の第2の山がやや下降を始めたのを見て9月1日より再開することにしてました。
しかし東京の感染者数が一向に減らないため、8月18日のオンライン会議では3時間に及ぶ大激論となり、9月再開と10月までの様子見に2分され、調整の結果、次の9月22日のオンラインで最終結論を出すことにしました。
仮に再開の場合でも3密を避けるため全員参加は難しく、希望者150名を2分し、交互の練習にする予定です。

岡田光好

関連記事