toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2020-10-01

私の住む町

志村けんの木

今年2月より、中落合地域交流館で勤務しています。還暦が過ぎた私の住んでいるのは東村山で、東京の端っこの緑が多い片田舎です。住んでいる東村山の紹介をさせていただきます。
東村山といえば新型コロナウイルス感染で亡くなられた「志村けん」さん。1976年に「8時だョ!全員集合」でアレンジ披露した「東村山音頭」が評判となり、東村山が全国で知られました。当時、中学生が京都に修学旅行に行ったときに、乗っていたバスに書かれていた「東村山」の文字を見た他の修学旅行生が、バスの写真を撮りに集まったという逸話があります。
私も出張で日本全国あちらこちら行きましたが、出会った方に「住まいはどこ」と聞かれ「東村山」というと、「志村けんの東村山」と大体の方が言われます。場所がどこか知っているかは別にして知名度の高さには驚かされます。東村山市は知名度UP貢献として東村山駅前に「ケヤキの木」を3本「志村けんの木」として植えました。今では大木です。今年東京オリンピックがあったならば「志村けん」さんは聖火ランナーとして走ることになっていました。「志村けん」さんの実家の前を通るコースだったようです。
名跡は正福寺地蔵堂で、ほとんど無名ですが国宝建築物です。2009年旧東宮御所(迎賓館赤坂離宮)が国宝指定されるまで東京都唯一の国宝建築物でした。室町時代1407年建立の禅宗様建築物です。鎌倉の神奈川県唯一の国宝建築物、円覚寺舎利殿に極めて類似している建築物です。11月3日文化の日は地蔵祭りという小さな祭りがあり、その日は国宝地蔵堂の中に入ることができます。お祭りでは焼き団子を売っていて美味です。
西には東京の水瓶、多摩湖があります。湖越しに富士山が見られます。秋深まり空気が澄んできたとき、暮れなずむ時の富士山はまた一段ときれいです。
大きな商業施設や有名店は徒歩圏にありません。そんなところで気楽に暮らしています。

                              (中落合地域交流館  天野 岳章)

 

関連記事