toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2012-11-12

イライラ

 日常生活の中で誰でもがストレスを感じたりイラッとすることがある。
 人間としてはごく自然なことで医学的にも原因がはっきりしているらしい。通常は、脳を覆う「大脳新皮質」という部位がその働きを抑制しているが、うまく制御できなくなる時にイライラが起こってしまう。
 そこで、このイライラを無理に抑圧せず上手につきあうことが大切となる。手軽で簡単な対処法として身体や五感を活用する対処法がある。たとえば満員電車や道路渋滞などではミントガムを噛む。口を動かす行為自体にも効果があるし、ミントの香りもイライラを抑える効果がある。
 しかし、基本はたっぷりの睡眠と早寝早起き、三度のご飯、20分以上の日光浴、誰かとのコミュニケーション。小学生のような生活が良いらしい。ちなみに私は三度のご飯のおかげでイライラが無い。

日々随想 No.139

関連記事