toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2016-01-07

言葉

 「新年を寿ぐ」は、「新年を言祝ぐ」とも書く。言葉で祝うということが、「言祝ぐ」である。 言葉は、伝えたい、届けたい相手がいることで初めて力を持ち、相手の心に響く。「挑戦、挑戦、挑戦・・・」と連呼する政治家の言葉は誰の心に届くのだろうか。自分の声を聞き、自分自身が心震わせることができるのだろうか。今は、空虚な言葉がメディアを駆け巡っている。
人生も残り少なくなった今、発する言葉の一つ一つに責任を持っていきたいと新しき年の初めに思う。

日々随想 No.158(く)

関連記事