toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2019-01-10

お雑煮

 お正月と言えばお雑煮。お雑煮こそそれぞれの家の味がある。しかしどんなお雑煮でも必ず入っているのがお餅。お餅は関西では丸餅、関東では角餅といわれている。もともとは丸餅だったが、江戸時代人口が集中した関東で、一度にたくさんの餅を作れるということで角餅になったとも言われている。また、餅を焼くか焼かないかもそれぞれある。香川や愛媛ではあんこが入った餅を入れるという。
 しかし、このところお雑煮を食べない若い家族も増えているという。年に一度は自分ながらのお雑煮を作ってみてはいかがだろうか。我が家の味が一番である。

日々随想 No.172(く)

関連記事