toggle
多世代の福祉ニーズに応える ふくしの生協
2014-09-15

この月の月

 「月々に月見る月は多けれど月見る月はこの月の月かな」
 日本人の月への思いは月の呼び名にも出ている。三日月、上弦の月、満月、十六夜、立待月などそれぞれの形や出る時刻にまでも名前を付けている。
 平安時代から始まっている月の宴を楽しめるのも日本人に生まれたからだろうか。
 今年の夏は、スーパームーンも見られたが、やはり私たちには仲秋の名月、「この月の月」が一番美しいと感じる。

日々随想 No.150

関連記事